ゲノム・コンパニオン診断研究部門の研究成果 - 研究成果の報告

学術誌での成果報告

    • Ohata T
    • Yokoo H
    • Kamiyama T
    • Fukai M
    • Aiyama T
    • Hatanaka Y
    • Hatanaka K
    • Wakayama K
    • Orimo T
    • Kakisaka T
    • Matsuno Y
    • Taketomi A
    Fatty acid binding protein 5 function in hepatocellular carcinoma through induction of epithelial-mesenchymal transition.
    Cancer Medicine. 2017; 6: 1049-1061
    • Kato T
    • Lee D
    • Wu L
    • Patel P
    • Young AJ
    • Wada H
    • Hu HP
    • Ujiie H
    • Kaji M
    • Kano S
    • Matsuge S
    • Domen H
    • Kanno H
    • Hatanaka Y
    • Hatanaka KC
    • Kaga K
    • Matsui Y
    • Matsuno Y
    • De Perrot M
    • Yasufuku K
    SORORIN and PLK1 as potential therapeutic targets in malignant pleural mesothelioma.
    Int J Oncol. 2016; 49: 2411-2420
    • Otsuka Y
    • Sato H
    • Oikawa T
    • Onodera Y
    • Nam JM
    • Hashimoto A
    • Fukunaga K
    • Hatanaka KC
    • Hatanaka Y
    • Matsuno Y
    • Fukuda S
    • Sabe H
    High expression of EPB41L5, an integral component of the Arf6-driven mesenchymal program, correlates with poor prognosis of squamous cell carcinoma of the tongue.
    Cell Commun Signal. 2016; 14: 28
    • Kato T
    • Lee D
    • Wu L
    • Patel P
    • Young AJ
    • Wada H
    • Hu HP
    • Ujiie H
    • Kaji M
    • Kano S
    • Matsuge S
    • Domen H
    • Kaga K
    • Matsui Y
    • Kanno H
    • Hatanaka Y
    • Hatanaka KC
    • Matsuno Y
    • de Perrot M
    • Yasufuku K
    Kinesin family members KIF11 and KIF23 as potential therapeutic targets in malignant pleural mesothelioma.
    Int J Oncol. 2016; 49: 448-456
    • Mizushima T
    • Ohnishi S
    • Shimizu Y
    • Hatanaka Y
    • Hatanaka KC
    • Hosono H
    • Kubota Y
    • Natsuizaka M
    • Kamiya M
    • Ono S
    • Homma A
    • Kato M
    • Sakamoto N
    • Urano Y
    Fluorescent imaging of superficial head and neck squamous cell carcinoma using a γ-glutamyltranspeptidase-activated targeting agent: a pilot study.
    BMC Cancer. 2016; 16: 411
    • Terashita K
    • Chuma M
    • Hatanaka Y
    • Hatanaka K
    • Mitsuhashi T
    • Yokoo H
    • Ohmura T
    • Ishizu H
    • Muraoka S
    • Nagasaka A
    • Tsuji T
    • Yamamoto Y
    • Kurauchi N
    • Shimoyama N
    • Toyoda H
    • Kumada T
    • Kaneoka Y
    • Maeda A
    • Ogawa K
    • Natsuizaka M
    • Kamachi H
    • Kakisaka T
    • Kamiyama T
    • Taketomi A
    • Matsuno Y
    • Sakamoto N
    ZEB1 expression is associated with prognosis of intrahepatic cholangiocarcinoma.
    J Clin Pathol. 2016; 69:593-599
    • Kawakubo K
    • Ohnishi S
    • Hatanaka Y
    • Hatanaka KC
    • Hosono H
    • Kubota Y
    • Kamiya M
    • Kuwatani M
    • Kawakami H
    • Urano Y
    • Sakamoto N
    Feasibility of Using an Enzymatically Activatable Fluorescence Probe for the Rapid Evaluation of Pancreatic Tissue Obtained Using Endoscopic Ultrasound-Guided Fine Needle Aspiration: a Pilot Study.
    Mol Imaging Biol. 2016; 18: 463-471
    • Naka T
    • Hatanaka Y
    • Marukawa M
    • Okada H
    • Hatanaka KC
    • Sakakibara-Konishi J
    • Oizumi S
    • Hida Y
    • Kaga K
    • Mitsuhashi T
    • Matsuno Y
    Comparative genetic analysis of a rare synchronous collision tumor composed of malignant pleural mesothelioma and primary pulmonary adenocarcinoma.
    Diagn Pathol. 2016; 11: 38
    • Sato D
    • Tsuchikawa T
    • Mitsuhashi T
    • Hatanaka Y
    • Marukawa K
    • Morooka A
    • Nakamura T
    • Shichinohe T
    • Matsuno Y
    • Hirano S
    Stromal palladin expression is an independent prognostic factor in pancreatic ductal adenocarcinoma.
    Plos One. 2016; 11:e0152523
    • Nakamura A
    • Mitsuhashi T
    • Takano Y
    • Miyoshi H
    • Kameda H
    • Nomoto H
    • Nagai S
    • Hatanaka Y
    • Shimizu C
    • Terauchi Y
    • Atsumi T
    Usefulness of the octreotide test in japanese patients for predicting the presence/absence of somatostatin receptor 2 expression in insulinomas.
    Endocr J. 2016; 63: 135-42
    • Oguro S
    • Ino Y
    • Shimada K
    • Hatanaka Y
    • Matsuno Y
    • Esaki M
    • Nara S
    • Kishi Y
    • Kosuge T
    • Hiraoka N
    Clinical significance of tumor-infiltrating immune cells focusing on btla and cbl-b in patients with gallbladder cancer.
    Cancer Sci. 2015; 106: 1750-60
    • Sato F
    • Kubota Y
    • Natsuizaka M
    • Maehara O
    • Hatanaka Y
    • Marukawa K
    • Terashita K
    • Suda G
    • Ohnishi S
    • Shimizu Y
    • Komatsu Y
    • Ohashi S
    • Kagawa S
    • Kinugasa H
    • Whelan KA
    • Nakagawa H
    • Sakamoto N
    EGFR inhibitors prevent induction of cancer stem-like cells in esophageal squamous cell carcinoma by suppressing epithelial-mesenchymal transition.
    Cancer Biol Ther. 2015; 16: 933-40
    • Fujita H
    • Hatanaka Y
    • Sutoh Y
    • Suzuki Y
    • Oba K
    • Hatanaka KC
    • Mitsuhashi T
    • Otsuka N
    • Fugo K
    • Kasahara M
    • Matsuno Y
    Immunohistochemical validation and expression profiling of NKG2D ligands in a wide spectrum of human epithelial neoplasms.
    J Histochem Cytochem. 2015; 63: 217-27
    • Kubota Y
    • Kawakami H
    • Natsuizaka M
    • Kawakubo K
    • Marukawa K
    • Kudo T
    • Abe Y
    • Kubo K
    • Kuwatani M
    • Hatanaka Y
    • Mitsuhashi T
    • Matsuno Y
    • Sakamoto N
    CTNNB1 mutational analysis of solid-pseudopapillary neoplasms of the pancreas using endoscopic ultrasound-guided fine-needle aspiration and next-generation deep sequencing.
    J Gastroenterol. 2015; 50: 203-10
    • Yoshioka T
    • Hosoda M
    • Yamamoto M
    • Taguchi K
    • Hatanaka KC
    • Takakuwa E
    • Hatanaka Y
    • Matsuno Y
    • Yamashita H
    Prognostic significance of pathologic complete response and Ki67 expression after neoadjuvant chemotherapy in breast cancer.
    Breast Cancer. 2015 ; 22: 185-91
    • Mizukami T
    • Kamachi H
    • Mitsuhashi T
    • Tsuruga Y
    • Hatanaka Y
    • Kamiyama T
    • Matsuno Y
    • Taketomi A
    Immunohistochemical analysis of cancer stem cell markers in pancreatic adenocarcinoma patients after neoadjuvant chemoradiotherapy.
    BMC Cancer. 2014; 14: 687
    • Nitta T
    • Mitsuhashi T
    • Hatanaka Y
    • Miyamoto M
    • Oba K
    • Tsuchikawa T
    • Suzuki Y
    • Hatanaka KC
    • Hirano S
    • Matsuno Y
    Prognostic significance of epithelial-mesenchymal transition-related markers in extrahepatic cholangiocarcinoma: comprehensive immunohisto-chemical study using a tissue microarray.
    Br J Cancer. 2014; 111: 1363-72
    • Sato H
    • Hatanaka KC
    • Hatanaka Y
    • Hatakeyama H
    • Hashimoto A
    • Matsuno Y
    • Fukuda S
    • Sabe H
    High level expression of AMAP1 protein correlates with poor prognosis and survival after surgery of head and neck squamous cell carcinoma patients.
    Cell Commun Signal. 2014; 12:17
    • Hosoda M
    • Yamamoto M
    • Nakano K
    • Hatanaka KC
    • Takakuwa E
    • Hatanaka Y
    • Matsuno Y
    • Yamashita H
    Differential expression of progesterone receptor, FOXA1, GATA3, and p53 between pre- and postmenopausal women with estrogen receptor-positive breast cancer.
    Breast Cancer Res Treat. 2014; 144: 249-61
    • Hayase E
    • Fujimoto K
    • Mitsuhashi T
    • Hatanaka Y
    • Yoshida M
    • Takemura R
    • Iwasaki J
    • Shiratori S
    • Sugita J
    • Kondo T
    • Tanaka J
    • Imamura M
    • Matsuno Y
    • Teshima T
    Epstein-barr virus-associated smooth muscle tumors after bone marrow transplantation.
    Transplantation. 2014; 97: e1-3
    • Soma S
    • Tsuta K
    • Takano T
    • Hatanaka Y
    • Yoshida A
    • Suzuki K
    • Asamura H
    • Tsuda H
    Intratumoral distribution of egfr- amplified and egfr-mutated cells in pulmonary adenocarcinoma.
    Pathol Res Pract. 2014; 210: 155-60
    • Yamamoto M
    • Hosoda M
    • Nakano K
    • Jia S
    • Hatanaka KC
    • Takakuwa F
    • Hatanaka Y
    • Matsuno Y
    • Yamashita H
    p53 accumulation is a strong predictor of recurrence in estrogen receptor-positive breast cancer patients treated with aromatase inhibitors.
    Cancer Sci. 2014 ; 105: 81-8

海外学術集会での成果報告

    • Ohhara Y
    • Kinoshita I
    • Tomaru U
    • Hatanaka K
    • Hatanaka Y
    • Honma R
    • Takeuchi S
    • Shimizu Y
    • Kaga K
    • Matsuno Y
    • Dosaka-Akita H
    Clinicopathological features of programmed cell death ligand 1 (PDL1) expression in resected non-small cell lung cancers.
    AACR Annual Meeting 2017, Washington, DC, USA, April 2017
    • Marukawa K
    • Mitsuhashi T
    • Hatanaka Y
    • Morooka A
    • Sato D
    • Nitta T
    • Nakamura T
    • Hirano S
    • Matsuno Y
    Clinicopathological significance of MUC13 expression in pancreatic ductal adenocarcinoma (PDAC); the positive prognostic marker and possible candidate for molecular targeted therapy.
    2016 Annual Meeting, United States and Canadian Academy of Pathology, Washington State Convention Center, MA, USA, March 2016
    • Aiyama T
    • Orimo T
    • Yokoo H
    • Ohata T
    • Hatanaka K
    • Hatanaka Y
    • Matsuno Y
    • Kamiyama T
    • Taketomi A
    APC-binding protein EB1 as an important predictive factor for the prognosis and recurrence in hepatocellular carcinoma.
    The Liver Meeting 2015 American Association for the Study of Liver Diseases, CA, USA, November 2015
    • Kawakubo K
    • Ohnishi S
    • Urano Y
    • Hatanaka Y
    • Hatanaka KC
    • Kawakami H
    • Kuwatani M
    • Kawahata S
    • Abe Y
    • Kubota Y
    • Kubo K
    • Sakamoto N
    A novel technique for the detection of endoscopic ultrasound-guided fine needle pancreatic tissue acquisition by an enzymatically rapid-activatable fluorescent probe.
    Digestive Disease Week 2015 and the 116th annual meeting of the American Gastroenterological Association, Washington, DC, USA, May 2015
    • Sato D
    • Mitsuhashi T
    • Tsuchikawa T
    • Hatanaka Y
    • Nakamura T
    • Hirano S
    • Matsuno Y
    Stromal palladin expression is an independent prognostic factor of pancreatic ductal adenocarcinoma (PDAC).
    104th Annual Meeting, United States and Canadian Academy of Pathology, MA, USA, May 2015
    • Naka T
    • Hatanaka Y
    • Kanno H
    • Hatanaka KC
    • Mitsuhashi T
    • Matsuno Y
    PHGDH and TRIM29 as novel diagnostic markers for malignant pleural mesothelioma: An exploring approach from FFPE tissue-based gene expression profiling of a synchronous thoracic tumor.
    104th Annual Meeting, United States and Canadian Academy of Pathology, MA, USA, May 2015
    • Hatanaka KC
    • Hatanaka Y
    • Fujii K
    • Kobayashi H
    • Kanno H
    • Nishihara H
    • Mitsuhashi T
    • Tanaka S
    • Matsuno Y
    Predictive value of MGMT promoter and LINE-1 methylation status in primary central nervous system diffuse large B-cell lymphoma treated with high-dose MTX and radiotherapy.
    104th Annual Meeting, United States and Canadian Academy of Pathology, MA, USA, May 2015
    • Oguro S
    • Ino Y
    • Shimada S
    • Hatanaka Y
    • Matsuno Y
    • Kosuge T
    • Hiraoka N
    Clinical significance of tumor-infiltrating immune cells focusing on BTLA and Cbl-b in patients with gallbladder cancer. American Association for Cancer Research:
    Tumor immunology and immunotherapy, FL, USA, December 2014
    • Natsuizaka M
    • Kaimila B
    • Kubota Y
    • Hatanaka Y
    • Marukawa K
    • Terashita K
    • Sato F
    • Ohnishi S
    • Suda G
    • Ohashi S
    • Kagawa S
    • Whelan K
    • Rustgi AK
    • Nakagawa H
    • Sakamoto N
    EGFR inhibitors eliminate esophageal cancer stem cells by suppressing epithelial-mesenchymal transition.
    Digestive Disease Week and the 115th annual meeting of the American Gastroenterological Association, IL, USA, May 2014
    • Kubota Y
    • Kawakami H
    • Natsuizaka M
    • Kawakubo K
    • Marukawa K
    • Kudo T
    • Abe Y
    • Kubo K
    • Kuwatani M
    • Hatanaka Y
    • Mitsuhashi T
    • Matsuno Y
    • Sakamoto N
    CTNNB1 Mutational Analysis of Solid-Pseudopapillary Neoplasms of the Pancreas Using Endoscopic Ultrasound-Guided Fine-Needle Aspiration and Next-Generation Deep Sequencing.
    Digestive Disease Week 2014 and the 115th annual meeting of the American Gastroenterological Association, IL, USA, May 2014

国内学術集会での成果報告

    • 清水 亜衣
    • 畑中 佳奈子
    • 畑中 豊
    • 馬場 基
    • 石田 直子
    • 南家 綾江
    • 奥村 麻美
    • 成地 健太郎
    • 佐藤 正治
    • 加瀬 廣
    • 三橋 智子
    • 山下 啓子
    • 松野 吉宏
    乳癌における新規MUC1癌関連糖鎖特異抗体の診断有用性の検討.
    第25回日本乳癌学会学術総会,福岡,2017年7月
    • 安孫子 光春
    • 清水 知浩
    • 丸川 活司
    • 畑中 豊
    • 松野 吉宏
    当施設における肺癌EGFR遺伝子変異検査の現状と課題.
    第58回日本臨床細胞学会総会春期大会 ワークショップ,大阪,2017年5月
    • 清水 亜衣
    • 畑中 佳奈子
    • 畑中 豊
    • 南家 綾江
    • 奥村 麻美
    • 成地 健太郎
    • 佐藤 正治
    • 山下 啓子
    • 松野 吉宏
    新規MUC1糖鎖特異抗体を用いた乳腺組織における癌関連糖鎖の組織局在に関する検討.
    第106回日本病理学会総会,東京,2017年4月
    • 畑中 豊
    • 桑田 健
    • 増田 しのぶ
    • 酒井 康裕
    • 坂下 信悟
    • 南 優子
    • 元井 紀子
    • 大林 千穂
    • 谷田部 恭
    • 森井 英一
    コンパニオン診断の外部精度評価における新たな課題と取り組み.
    第106回日本病理学会総会 ワークショップ,東京,2017年4月
    • 畑中 豊
    • 谷田部 恭
    • 中村 靖司
    明日から出来る!!PD-L1検査 22C3 ハンズオンセミナー ~顕微鏡を備えて~.
    第106回日本病理学会総会 ハンズオンセミナー,東京,2017年4月
    • 畑中 豊
    今後のがんゲノム診断における病理組織検体の品質の重要性.
    第106回日本病理学会総会 モーニングセミナー,東京,2017年4月
    • 松澤 ⽂彦
    • 蒲池 浩⽂
    • ⽔上 達三
    • 永⽣ ⾼広
    • 畑中 豊
    • 古内 恵司
    • 神⼭ 俊哉
    • 武冨 紹信
    抗メソテリン抗体(MORAb-009)によるヒト膵癌細胞株に対する抗腫瘍効果の検討.
    第117回⽇本外科学会定期学術集会,横浜,2017年4月
    • 畑中 豊
    コンパニオン診断/ゲノム診断の今後:病理部門の役割.
    日本臨床細胞学会大阪府支部学術集会,大阪,2017年2月
    • 畑中 佳奈子
    • 畑中 豊
    • 松野 吉宏
    PD-L1 IHC検査の判定基準.
    第177回日本病理学会北海道支部学術集会(標本交見会),札幌,2016年12月
    • 畑中 豊
    • 畑中 佳奈子
    • 松野 吉宏
    PD-L1 IHC検査の概要.
    第177回日本病理学会北海道支部学術集会(標本交見会),札幌,2016年12月
    • 丸川 活司
    • 畑中 豊
    • 松野 吉宏
    免疫染色とセルブロック法:セルブロック作製法の標準化を目指して―セルブロック作製におけるピットフォール―細胞検査士会要望教育シンポジウム.
    第55回日本臨床細胞学会秋期大会,別府,2016年11月
    • 畑中 豊
    コンパニオン診断/ゲノム診断の質担保とプレアナリシス段階の標準化.
    第62回日本病理学会秋期特別総会 ランチョンセミナー,金沢,2016年11月
    • 桑原 健
    • 畑中 佳奈子
    • 畑中 豊
    • 岡田 宏美
    • 清水 知浩
    • 奥村 麻美
    • 榊原 純
    • 樋田 泰浩
    • 加賀 基知三
    • 松野 吉宏
    非小細胞肺癌における免疫チェックポイント分子PD-L1発現と酸化ストレス応答分子発現に関する研究.
    第96回北海道医学大会 病理分科会(第49回北海道病理談話会),札幌,2016年10月
    • 石田 直子
    • 畑中 豊
    • 富樫 謙一
    • 細田 充主
    • 馬場 基
    • 萩尾 加奈子
    • 郭 家志
    • 岡田 宏美
    • 畑中 佳奈子
    • 松野 吉宏
    • 山下 啓子
    H1047以外のPIK3CA遺伝子変異を有するER陽性早期乳癌は予後良好である.
    第75回日本癌学会学術総会,横浜,2016年10月
    • ⻄原 広史
    • ⽊下 ⼀郎
    • 畑中 豊
    • ⽥中 伸哉
    • 秋⽥ 弘俊
    クリニカルシークエンスの臨床実装による肺癌に対する治療標的分⼦・個別化治療の探索.
    第75回⽇本癌学会学術総会,横浜,2016年10月
    • 安孫子 光春
    • 丸川 活司
    • 望月 抄苗
    • 清水 知浩
    • 渡部 涼子
    • 出口 貴洋
    • 畑中 豊
    肺癌EGFR遺伝子変異の検体種別検出率について.
    第65回医学検査学会,神戸,2016年9月
    • 山下 啓子
    • 石田 直子
    • 畑中 豊
    • 富樫 謙一
    • 松野 吉宏
    乳癌組織におけるPIK3CA遺伝子変異と予後.
    第17回 ホルモンと癌研究会,岡山,2016年6月
    • 畑中 豊
    • 桑田 健
    • 増田 しのぶ
    肺癌EGFR遺伝子変異検査の検査精度に関する調査研究.
    第105回日本病理学会総会,仙台,2016年5月
    • 畑中 佳奈子
    • 宮島 直人
    • 畑中 豊
    • 篠原 信雄
    • 松野 吉宏
    血管筋脂肪腫;結節性硬化症との関連を中心に.
    第105回日本病理学会総会,仙台,2016年5月
    • 上野 峰
    • 三橋 智子
    • 畑中 豊
    • 岡村 圭祐
    • 平野 聡
    • 松野 吉宏
    低分化肝外胆管癌における臨床病理学的因子の検討.
    第105回日本病理学会総会,仙台,2016年5月
    • 清水 知浩
    • 岡田 宏美
    • 畑中 豊
    • 桑原 健
    • 清水 亜衣
    • 中 智昭
    • 藤澤 孝志
    • 高桑 恵美
    • 畑中 佳奈子
    • 松野 吉宏
    組織マイクロアレイを用いた非小細胞肺癌における抗PD-L1抗体の比較検討.
    第105回日本病理学会総会,仙台,2016年5月
    • 諸岡 亜早美
    • 畑中 豊
    • 丸川 活司
    • 上野 峰
    • 平野 裕子
    • 奥村 麻美
    • 畑中 佳奈子
    • 平野 聡
    • 松野 吉宏
    • 三橋 智子
    膵管癌におけるNT5E発現における臨床病理学的検討.
    第105回日本病理学会総会,仙台,2016年5月
    • 畑中 豊
    病理診断部門からみた体細胞遺伝子検査の現状と今後のがんゲノム診断.
    第105回日本病理学会総会 ランチョンセミナー,仙台,2016年5月
    • 丸川 活司
    • 畑中 豊
    • 本多 優奈
    • 平野 裕子
    • 東 学
    • 中島 真奈美
    • 今川 誠
    • 小熊 貴光
    • 東 恭悟
    • 松野 吉宏
    ALK陽性肺癌細胞株を用いたFFPEセルブロック作製に関する調査研究.
    第105回日本病理学会総会,仙台,2016年5月
    • 桑原 健
    • 畑中 豊
    • 岡田 宏美
    • 清水 知浩
    • 奥村 麻美
    • 平野 裕子
    • 畑中 佳奈子
    • 樋田 泰浩
    • 加賀 基知三
    • 松野 吉宏
    非小細胞肺癌におけるPD-L1とAKR1B10発現の関連性に関する検討.
    第105回日本病理学会総会,仙台,2016年5月
    • 増田 しのぶ
    • 中西 陽子
    • 桑田 健
    • 畑中 豊
    ホルマリン固定パラフィン包埋切片を用いた核酸を対象とした検査.
    第105回日本病理学会総会,仙台,2016年5月
    • 平野 博嗣
    • 杉田 親太朗
    • 畑中 豊
    • 藤田 裕美
    • 久保 輝文
    • 菊地 謙成
    • 伊藤 夢美香
    • 菅原 太郎
    • 松野 吉宏
    • 長谷川 匡
    消化管間質腫瘍におけるKi-67とリスク分類の予後因子としての重要性.
    第105回日本病理学会総会,仙台,2016年5月
    • 松澤 文彦
    • 水上 達三
    • 蒲池 浩文
    • 三橋 智子
    • 敦賀 陽介
    • 畑中 豊
    • 神山俊哉
    • 武冨 紹信
    ALDH1の低発現は肝外胆管癌及び胆嚢癌の重要な予後因子である.
    第116回 日本外科学会定期学術集会,大阪,2016年4月
    • 相山 健
    • 横尾 英樹
    • 折茂 達也
    • 大畑 多嘉宣
    • 畑中 佳奈子
    • 畑中 豊
    • 松野 吉宏
    • 福原 崇介
    • 高橋 秀徳
    • 若山 顕治
    • 柿坂 達彦
    • 敦賀 陽介
    • 蒲池 浩文
    • 神山 俊哉
    • 武冨 紹信
    肝細胞癌におけるAdenomatous polyposis coli結合蛋白EB1の機能解析.
    第116回 日本外科学会定期学術集会,大阪,2016年4月
    • 木下 一郎
    • 畑中 豊
    • 本間 理央
    • 辻 靖
    • 坂井 和子
    • 鈴木 優介
    • 秋田 弘俊
    原発不明癌における分子標的治療の開発を目指したドライバー遺伝子の解析.
    日本内科学会,東京,2016年4月
    • 畑中 豊
    • 松野 吉宏
    コンパニオン診断(CoDx)の規制と質保証:シンポジウム「病理業務におけるコンパニオン診断」.
    第61回 日本病理学会秋期特別総会,東京,2015年11月
    • 石田 直子
    • 畑中 豊
    • 平野 裕子
    • 富樫 謙一
    • 松野 吉宏
    • 山下 啓子
    ホルマリン固定・パラフィン包埋乳癌組織におけるPIK3CA遺伝子変異の検討.
    第61回 日本病理学会秋期特別総会,東京,2015年11月
    • 木下 一郎
    • 畑中 豊
    • 本間 理央
    • 辻 靖
    • 坂井 和子
    • 西尾 和人
    • 田中 里枝
    • 鈴木 優介
    • 松野 吉宏
    • 秋田 弘俊
    原発不明癌の分子標的治療の開発を目指したドライバー遺伝子変異解析.
    第13回 日本臨床腫瘍学会学術集会,札幌,2015年11月
    • 畑中 豊
    • 松野 吉宏
    ドライバー遺伝子変異検査法の現状と課題:コンパニオン診断薬の開発と臨床応用.
    第56回 日本肺癌学会学術集会 シンポジウム,横浜,2015年11月
    • 中 智昭
    • 畑中 豊
    • 菅野 宏美
    • 畑中 佳奈子
    • 武島 幸男
    • 井内 康輝
    • 三橋 智子
    • 松野 吉宏
    希少症例のFFPE組織検体から出発した悪性中皮腫の新規分子診断マーカーの探索.
    第74回 日本癌学会学術総会,名古屋,2015年10月
    • 相山 健
    • 折茂 達也
    • 横尾 英樹
    • 大畑 多嘉宣
    • 畑中 佳奈子
    • 畑中 豊
    • 松野 吉宏
    • 神山 俊哉
    • 武冨 紹信
    肝細胞癌の門脈腫瘍栓に対する術前放射線治療とAPC-binding protein EB1の発現の意義.
    第74回 日本癌学会学術総会,名古屋,2015年10月
    • 藤澤 孝志
    • 畑中 豊
    • 畑中 佳奈子
    • 三橋 智子
    • 松野 吉宏
    • 藤本 勝也
    びまん性大細胞型B細胞リンパ腫のNKG2Dリガンド発現に関する免疫組織化学的検討.
    第74回 日本癌学会学術総会,名古屋,2015年10月
    • 大西 俊介
    • 清水 勇一
    • 水島 健
    • 畑中 豊
    • 畑中 佳奈子
    • 久保田 良政
    • 夏井坂 光輝
    • 神谷 真子
    • 本間 明宏
    • 加藤 元嗣
    • 浦野 泰照
    • 坂本 直哉
    γ-glutamyltranspeptidaseにより蛍光を発するprobeによる早期頭頸部がんの検出.
    第74回 日本癌学会学術総会,名古屋,2015年10月
    • 斎藤 里佳
    • 畑中 佳奈子
    • 岡田 宏美
    • 高桑 恵美
    • 北村 哲也
    • 畑中 豊
    • 三橋 智子
    • 福田 諭
    • 進藤 正信
    • 松野 吉宏
    若年および高齢発症舌扁平上皮癌の病理組織学的特性の比較検討.
    第95回 北海道医学大会病理分科会・第48回北海道病理談話会,札幌,2015年10月
    • 畑中 佳奈子
    • 藤本 勝也
    • 野口 寛子
    • 高桑 康成
    • 畑中 豊
    • 松野 吉宏
    自己免疫性疾患患者に生じたリンパ増殖性疾患62例の臨床病理学的検討.
    第95回北海道医学大会病理分科会・第48回 北海道病理談話会,札幌,2015年10月
    • 畑中 豊
    がんコンパニオン診断における期待と課題.
    第65回 日本薬学会近畿支部会総会 シンポジウム,大阪,2015年10月
    • 合田 智宏
    • 木下 一郎
    • 大泉 聡史
    • 原田 敏之
    • 西原 広史
    • 畑中 豊
    • 松野 吉宏
    • 天野 虎次
    • 佐藤 典宏
    • 磯部 宏
    • 田中 伸哉
    • 西村 正治
    • 秋田 弘俊
    非小細胞肺癌におけるHER2及び関連分子異常の観察研究(HOT1303-A)とHER2陽性非小細胞肺癌に対するトラスツズマブの第II相試験(HOT1303-B)の進行状況報告.
    第95回 北海道医学大会腫瘍系分科会・第112回 北海道癌談話会,札幌,2015年9月
    • 木下 一郎
    • 畑中 豊
    • 本間 理央
    • 辻 靖
    • 坂井 和子
    • 西尾 和人
    • 田中 里枝
    • 鈴木 優介
    • 松野 吉宏
    • 西原 広史
    • 秋田 弘俊
    原発不明癌における分子標的治療の開発を目指したドライバー遺伝子変異解析.
    第95回 北海道医学大会腫瘍系分科会・第112回 北海道癌談話会,札幌,2015年9月
    • 石田 直子
    • 畑中 豊
    • 菅野 宏美
    • 細田 充主
    • 山本 貢
    • 市之川 一臣
    • 郭 家志
    • 山下 啓子
    免疫組織化学法でHER2陰性と判定されたER陽性乳癌の早期再発症例におけるHER2遺伝子増幅の検討.
    第23回 日本乳癌学会学術総会,東京,2015年7月
    • 石田 直子
    • 畑中 豊
    • 菅野 宏美
    • 細田 充主
    • 山本 貢
    • 市之川 一臣
    • 郭 家志
    • 松野 吉宏
    • 山下 啓子
    ER陽性乳癌の早期再発症例におけるHER2遺伝子増幅およびp53蛋白発現の検討.
    第13回 日本臨床腫瘍学会学術集会,札幌,2015年7月
    • 松野 吉宏
    • 丸川 活司
    • 畑中 豊
    病理検体を用いるコンパニオン診断の精度保証.
    第13回 日本臨床腫瘍学会学術集会,札幌,2015年7月
    • 大林 千穂
    • 畑中 豊
    • 羽場 礼次
    • 増田 しのぶ
    呼吸領域生検・細胞診に関するアンケート調査結果と課題:ワークショップ・精度管理の新時代.
    第104回日本病理学会総会,名古屋,2015年4-5月
    • 畑中 豊
    • 丸川 活司
    • 望月 抄苗
    • 安孫子 光春
    • 広瀬 徹
    • 松浦 亜希子
    • 宮川 康宏
    • 岡本 賢三
    • 山城 勝重
    • 松野 吉宏
    北海道における地域完結型のコンパニオン診断拠点の形成:札幌圏での試み.
    第104回日本病理学会総会,名古屋,2015年4-5月
    • 丸川 活司
    • 畑中 豊
    • 諸岡 亜早美
    • 佐藤 大介
    • 清水 知浩
    • 畑中 佳奈子
    • 中村 透
    • 三橋 智子
    • 平野 聡
    • 松野 吉宏
    膵管癌におけるMUC13発現の臨床病理学的検討.
    第104回日本病理学会総会,名古屋,2015年4-5月
    • 的場 亮
    • 畑中 豊
    • 喜久川 真悟
    • 沼田 興治
    • 山本 伸子
    • 松野 吉宏
    • 中江 裕樹
    ホルマリン固定の核酸品質への影響:次世代シークエンスを用いた解析.
    第104回日本病理学会総会,名古屋,2015年4-5月
    • 畑中 豊
    • 畑中 佳奈子
    • 高桑 恵美
    • 平野 裕子
    • 森谷 純
    • 高桑 康成
    • 山本 宏司
    • 松野 吉宏
    本邦において市販されている標準化免疫組織化学染色システムに関する実態調査.
    第104回日本病理学会総会,名古屋,2015年4-5月
    • 畑中 佳奈子
    • 藤本 勝也
    • 野口 寛子
    • 高桑 康成
    • 畑中 豊
    • 松野 吉宏
    Lymphoma Clinico-Pathologic Conference 自己免疫性疾患患者に生じたリンパ増殖性疾患63例の臨床病理学的検討.
    第104回日本病理学会総会,名古屋,2015年4-5月
    • 畑中 豊
    肺癌の治療戦略を決定するALK検査の重要性:ALK陽性肺癌の病理に関する話題
    第104回日本病理学会総会ランチョンセミナー,名古屋,2015年4-5月
    • 丸川 活司
    • 望月 抄苗
    • 清水 知浩
    • 渡部 涼子
    • 宮越 里絵
    • 山谷 幸恵
    • 高桑 恵美
    • 畑中 佳奈子
    • 畑中 豊
    • 三橋 智子
    • 松野 吉宏
    コンパニオン診断の現状とプレアナリシス段階の重要性:細胞診材料を用いた遺伝子診断の現状と問題点,将来への展望.
    第53回日本臨床細胞学会秋期大会(シンポジウム),下関,2014年11月
    • 畑中 豊
    コンパニオン診断の現状と課題.
    生物試料分析科学会 近畿支部総会,大阪,2014年11月
    • 中 智昭
    • 畑中 豊
    • 丸川 活司
    • 菅野 宏美
    • 畑中 佳奈子
    • 三橋 智子
    • 松野 吉宏
    肺腺癌と悪性中皮腫の重複癌1例におけるコピー数異常の解析.
    第47回北海道病理談話会(第94回北海道医学大会病理分科会),札幌,2014年10月
    • 合田 智宏
    • 木下 一郎
    • 大泉 聡史
    • 原田 敏之
    • 西原 広史
    • 畑中 豊
    • 田中 伸哉
    • 松野 吉宏
    • 天野 虎次
    • 佐藤 典宏
    • 磯部 宏
    • 西村 正治
    • 秋田 弘俊
    非小細胞肺癌におけるHER2及び関連分子異常の観察研究(HOT1303-A)とHER2陽性非小細胞肺癌に対するトラスツズマブの第Ⅱ相試験(HOT1303-B)の進行状況報告.
    第40回日本肺癌学会北海道支部会,札幌,2014年10月
    • 相山 健
    • 折茂 達也
    • 横尾 英樹
    • 大畑 多嘉宣
    • 畑中 佳奈子
    • 畑中 豊
    • 松野 吉宏
    • 神山 俊哉
    • 武冨 紹信
    肝細胞癌におけるAPC-binding protein EB1の予後・再発予測因子としての有用性.
    第73回日本癌学会学術総会,横浜,2014年9月
    • 畑中 豊
    ゲノムバイオマーカー研究におけるFFPE検体利用の基礎.
    第73回 日本癌学会学術総会 ランチョンセミナー,横浜,2014年9月
    • 畑中 佳奈子
    • 藤本 勝也
    • 辻 嶐裕
    • 笠原 郁美
    • 山本 聡
    • 中田 匡信
    • 高桑 康成
    • 西尾 充史
    • 小山田 ゆみ子
    • 長谷山 美仁
    • 鈴木 宏明
    • 米積 昌克
    • 野口 寛子
    • 酒井 基
    • 西原 広史
    • 盛 暁生
    • 畑中 豊
    • 豊嶋 崇徳
    • 松野 吉宏
    自己免疫性疾患患者に発生した悪性リンパ腫を含むリンパ増殖性疾患に関する臨床病理学的解析.
    第54回 日本リンパ網内系学会,山形,2014年6月
    • 畑中 佳奈子
    • 畑中 豊
    • 藤井 恭子
    • 小林 浩之
    • 菅野 宏美
    • 西原 広史
    • 田中 伸哉
    • 三橋 智子
    • 松野 吉宏
    中枢神経系原発びまん性大細胞型B細胞リンパ腫におけるDNAメチレーションの意義に関する検討.
    第103回 日本脳腫瘍病理学会総会,徳島,2014年5月
    • 寺下 勝巳
    • 畑中 佳奈子
    • 畑中 豊
    • 三橋 智子
    • 横尾 英樹
    • 大村 卓味
    • 石津 寛之
    • 永坂 敦
    • 山本 義也
    • 小川 浩司
    • 倉内 宣明
    • 豊田 秀徳
    • 熊田 卓
    • 金岡 祐次
    • 堀本 啓大
    • 荘 拓也
    • 夏井坂 光輝
    • 神山 俊哉
    • 武冨 紹信
    • 坂本 直哉
    肝内胆管癌におけるZEB1,EMT関連分子の臨床病理学的検討.
    第50回日本肝臓学会総会,東京,2014年5月
    • 畑中 佳奈子
    • 畑中 豊
    • 小林 浩之
    • 菅野 宏美
    • 西原 広史
    • 田中 伸哉
    • 三橋 智子
    • 松野 吉宏
    中枢神経系原発びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫におけるDNAメチル化に関する解析.
    第103回 日本病理学会総会,広島,2014年4月
    • 丸川 活司
    • 畑中 豊
    • 藤井 恭子
    • 平野 裕子
    • 恩田 千景
    • 畑中 佳奈子
    • 三橋 智子
    • 松野 吉宏
    体外診断用医薬品承認EGFR変異検出キットのホルマリン固定パラフィン包埋検体における検出感度に関する検討.
    第103回 日本病理学会総会,広島,2014年4月
    • 中 智昭
    • 畑中 豊
    • 丸川 活司
    • 畑中 佳奈子
    • 三橋 智子
    • 松野 吉宏
    肺腺癌と悪性中皮腫の重複がん1例におけるコピー数異常の解析.
    第103回 日本病理学会総会,広島,2014年4月

PAGE TOP